スーツの男性

再建築不可物件を有効に使う|購入する際に気をつけたいこと

土地には接道義務がある

メンズ

4メートルの接道が必要

中古住宅を購入する時には接道状況に注意する必要があります。法律によって敷地は道路と4メートル以上接していないと家を建てることができないのです。その接道義務を果たしていない中古住宅を購入すると、再建築不可となって建て直すことができないのです。ただし再建築不可の住宅はかなり安く購入できるのがメリットです。再建築不可と承知して購入する場合はよいのですが、知らないで購入すると後でトラブルの原因になります。購入する時に周囲の相場よりもかなり安い場合は注意が必要です。今後は再建築不可でもあえて購入する世代が増えてきます。若いファミリー層などは自分の手でリフォームする傾向があり、建て替えしないでライフスタイルに合わせた住み方をするからです。

隣地を買い増しの可能性

また接道義務を果たしていない中古住宅を購入しても、将来的に再建築不可の規制が外れることもあります。例えば隣地を買い増すことによって、接道義務を果たすことができるのです。例えば隣地の所有者が高齢者の場合など、将来的に息子世代に遺産相続をすることも考えられます。若い世代なら土地の売却に応じてくれる可能性があるのです。また建て替えしないでそのまま住み続けることによって、周辺環境が変化する場合もあります。将来的にもし再建築不可の規制が取れなくても、安く購入しておくのも一つの方法です。例えば建て替えができなくても、家庭菜園にすることができます。資材置き場や物置がわりに使うこともできます。特に郊外などは将来の都市計画で土地の規制が変わることもあります。

マンションを売るなら

マンション

一生の買い物と思って買ったマンションですが、転勤や転職で売却することはよくあります。1円でも高く売りたいと悩んでいる方にお勧めなのが、マンション売却相場を比較したサイトです。大手不動産会社の査定額が短時間で分かり、比較することで高くうることができます。

もっと読む

首都に隣接した人気エリア

電卓

埼玉県は首都のベッドタウンとして人気があり、地価も上昇傾向にあります。県内でも新座市の坪単価は上がっており、売却するには有利です。自然環境が豊かでありながらアクセスが良いので人気があります。新座市で不動産売却をするなら、事前にネットで相場価格を調べておきます。そうすれば査定する時に交渉ができます。

もっと読む

任意売却を実現させるには

住宅

購入した住宅を担保とする住宅ローンの返済が滞納すると、家が裁判所の競売にかけられ強制退去させられます。競売の流れは強制的に進行しますが、家を任意売却とすることでデメリットの多い競売を回避できます。債権者を説得して任意売却を実現させるには、対応できる不動産会社にできるだけ早く相談することが大切です。

もっと読む